ぶーママblog

雑記や思った事などのんびり発信中~

NIPT~新型出生前診断レポ

こんにちは~今回はNIPT新型出生前診断を受けたお話です!

~目次~

出生前診断とは?

【出生前診断】とは、胎児に先天性・遺伝性の病気、奇形、染色体異常などがないかどうかを調べる検査の事を言います。
妊婦健診で行う超音波検査でも、胎児に異常がないか見てもらえますがより正確に検査をしてもらいたい場合出生前診断を行います。


主に次の5つの出生前診断があります。


  • 胎児スクリーニング検査 より詳しく超音波で胎児を見て貰います。
  • 母体血清マーカーテスト (クアトロテスト) 確率を算出
  • 母体血胎児染色体検査 (NIPT)(新型出生前診断)
  • 絨毛検査
  • 羊水検査

新型出生前診断とは?

母体の血液を採って、胎児に染色体異常がないかどうか調べる検査です。
今回NIPTを受けましたが、普通の採血と変わらなく体の負担は全くありませんでした。
(料金が高いのがネックです、、)
確定診断ではないようなので陽性が出た場合、確定診断の羊水検査を受けるようにと言われました。


料金は?

私は22万円かかりました。
(微少欠失症候群の検査プラス全染色体検査)
だいたい20~30万位のようです。

年齢制限はあるの?

認可されているところは35歳以上の妊婦が要件のところが多かったです。
私は受けた時、29歳でした。仕方がなく無認可の新型出生前診断を受けれる病院を探しました。


全年齢の妊婦さんが不安だと思うのに、年齢で受けられないのは、、
ともやもやしました。


私が今回NIPT新型出生前診断を受けた理由。

クアトロテストをしようか迷いましたが私の性格上確率で出ても不安がぬぐい切れない。

2人目なので上の子の事を考えて受けようと思いました。

そしてまた羊水検査にするか迷いましたが、上の子のお世話もある為、入院や安静はできない。

流産リスクが少しでもあるのが怖い。

総合して新型出生診断を受けようと思いました。

NIPT体験レポート

とりあえず受けられる病院を検索!
ほぼ年齢ではじかれました。

そこで年齢制限のない個人クリニックを発見!
レビューなどを見て、旦那と相談し、
13週くらいで受けようと思いネットで日時を予約!

説明、カウンセリングを受け、
同意書にサイン。

採血
終了。

30分くらいでしょうか。あっというまに終わりました。

検査結果が出たら連絡をくれるようなので10日程ドキドキしながら待ちました。

もし病気だったらどうしよう。。不安で不安で仕方がなかったです。

電話が来て結果を聞きに、

診断結果を渡され、
以上なしとの事。ほっとしました。(しかしこの検査はスクリーニング検査なので擬陽性も、偽陰性も起こりえるようなので確定させるには羊水検査が必要です)

とりあえず、とりあえずは安心できました。

私はこの時に性別も分かりました。
知りたくない場合はその旨を伝えれば知らせないようです。

こんな感じで出生前診断は終わりました。

新型出生前診断の個人的な感想

メリット

採血のみなので母親、胎児側の負担がなく良い。
羊水検査は針を子宮に刺すというのが怖かったので、精神的にも負担は軽い。

デメリット

認可されている病院で受けたくても年齢制限や要件があって受けれないので
該当しない場合は無認可の病院を探して受けるしかない。

確定診断ではない。

採血だけのわりには、、料金が高い、、

と思いました。
年齢制限などがなく、もう少し受けやすければなと思います。

以上NIPT 新型出生前診断の体験レポでした☆彡